空海人@ダメマ編集長
約6600文字

インスタグラムで収入を得たい人たちが陥る企業からみたマイナス行為とは|こんなインスタグラマーは結構です

インスタグラムで収入を得たい人たちが陥る企業からみたマイナス行為とは|こんなインスタグラマーは結構ですのメイン画像

あなたはインスタグラムを利用しているでしょうか。 自分の写真に「いいね」をもらえる素敵な仕組みですよね。 趣味ならばどんな写真でも自由ですが、もしあなたがインスタグラムで収入を得たいのであれば、 企業から見たマイナスの行為はご法度です。そんな企業から見たマイナス行為をまとめました。

はじめに

私は、インスタグラムの広告を依頼する側の立場です。 所謂インフルエンサーと呼ばれる人たちを利用し、商品、サービスを広めています。

そんな中、こんな人には絶対、広告を頼んでも効果が無いという独自のノウハウが分かってきました。 それは、過去に失敗の積み重ねがあったからです。

そして、企業から見てマイナスの要因を排除することは、次世代のインスタグラマー達にとってプラスになるだけではなく、 企業にとっても、インスタグラム自体が健全な広告メディアになるのではいかと思い、今回はその一部を公開しています。

これから、インスタグラムを始める人、すでに始めていて、収入を考えている人にとっては、是非とも守ってほしい内容ですので、一度目を通してください。

インスタグラムの収入の仕組み

インスタグラムには収入の仕組みなんてものは存在しません。

でも、有名なインスタグラマー達は、お金を稼いでいるという話を聞くことがあると思います。 これは、インスタグラム経由の収入ではなく、別途、企業と契約することで得られた収入です。

あなたが、もしインスタグラムで収入を得たいのであれば、まず企業に対しアピールしなければ意味がありません。 企業に対してアピールするには、一番はフォロワー数を増やすこと。

だいたい、10000フォロワーをゲットしたぐらいから、インスタグラムの世界が変わります。 もちろん、初心者がいきなり10000フォロワーなんて無理に決まってますから、徐々に増やしていかなければいけないのです。

そして、企業はそんなあなたのインスタグラムを常にチェックしていることを忘れてはいけません。

インスタグラムで収入を得るためには企業にアピールが必要

先ほどもお伝えしましたが、インスタグラムで稼ぐためには、企業からのオファーが無いと成り立ちません。

そして、オファーを得るためには、それこそ、たくさんの努力をしないといけないわけです。 そして、この努力を間違った方へしている人たちが多くいるのではないかなと思います。

まず、企業が何を評価しているかを明確にすること。 企業にとってのメリットをあなたのインスタグラムアカウントで表現できなければ、決してオファーは来ることがありません。

企業がインスタグラマーを見る指標としては、当たり前ですが次の通りです。

  • 企業にとってマイナスイメージがつかないか
  • 取り扱っている商品との親和性はどうか
  • 実際に広告媒体として使った時に費用対効果は出せるのか
  • 媒体のコントロールがある程度できるのか

この項目を大前提として、はじめて、フォロワー数だったり、個人のプロフィールを見たりするわけです。

しかし、結構な数のインスタグラマーは「フォロワー数を集めること」にだけフォーカスされているように思います。 フォロワー数というのは、あくまで次段階での評価項目なのであって、先ほどの前提が成り立たないと、そこまで見てくれません。

逆パターンもあるかもしれませんが、いくらフォロワー数が多くあって、前提が覆されると企業として広告を依頼する意味が無いわけです。

あるインスタグラマーに頼んだがために、商品のイメージが悪くなってしまったというのは企業として許されないことなのです。

インスタグラムで収入を得るためには企業がインスタでどのような目標を持っているかを知る

2018/1/6 追記:

ここで、企業はインスタグラムを使って、どのような目標を立てているのでしょうか。

一般的には、ブランディング、キャンペーンの告知、商品認知になります。

そして、それらを企業は重要目標達成指標(KGI)として設定し、効果を図るのです。

企業にとっては、目標達成が全てですから、企業は、あなたのパフォーマンスを見ることになります。

このパフォーマンスのことを重要業績評価指標(KPI)といいます。

要するに、あなたが投稿した写真に”いいね”が付いた数や、クリックされた数、実際に企業のURLに誘導したかを数値として評価されることになります。

あなたが十分な成果を返せるか見るためには、あなた自身も企業が何を求めているかを知ることが必要です。

詳しくは、別記事にまとめておりますので、そちらを参考なさってください。

また、企業から見た失敗談についても記事があります。

このように、企業目線も知っておくと、アカウントを育てる効率が変わってきますので、一度目を通されるとよいと思います。

インスタグラムの収入化は焦らずじっくりアカウントを育てることが必要

インスタグラムを始めたら、思ったよりフォロワーが増えなくてお困りの方多いと思います。 しかし、そこで焦ってしまっては本末転倒。

あなたには、インスタグラムで稼ぐ才能があるのに、企業から見てマイナスな行為をしているが為に、いつまでたってもオファーが来ない。 オファーが来ないから、また、マイナスの行為に手を出してしまうなんてことあるかもしれません。

インスタグラムの基本は、焦らずじっくりと自分のアカウントを育てるというものです。

人によって期間の長い短いはあるかもしれませんが、じっくり焦らずやることで、必ずアカウントは育ちます。

それでは、長くなりましたが本題に入りたいと思います。

インスタグラムで収入を得るために企業から見てダメな行為は次の通りです。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

記事執筆
空海人@ダメマ編集長

2017年現在、某企業にて経営企画室としての業務を行う一方、グループ会社のマーケティング、ブランディングなどを行う。特にWEB回りの事が大好きで、自身でプログラムをしながらマーケティングの知識を深めている。沖縄が大好きでいつかは移住したいと思っているらしい。

この記事に使われているマーケティング用語集の用語一覧

SNS

CATEGORIES

RECOMMAND

NEW

POPULAR

RANKING

COPYRIGHTS

著作権について

当サイト「damema.net」に掲載されている情報についての著作権は放棄しておりません。当サイト記事からの引用に関しましては「引用元の明示」によって無償で引用頂けます。

(C)2017 damema.net All rights reserved.