化粧品の商品企画への転職を成功させるにはOEM・企画会社がねらい目

仕事

化粧品業界に転職したい。特に商品企画をやりたい方は多いと思います。 しかしメーカー系の商品開発は狭き門であり未経験ではまず受かりません。 そこで裏ワザ的に化粧品の商品企画になる方法をこっそりとお教えします。

スポンサーリンク

化粧品業界の商品企画は大きく3タイプに分かれる

化粧品業界の商品企画・開発は主に、自社ブランドの開発とOEMの開発に分かれます。

まずは、どちらのタイプの企画・開発がしたいのかをしっかりと整理してみてください。

自社ブランドの商品企画

未経験から転職を目指す場合は、ほとんどの場合こちらのイメージが強いのではないでしょうか。

例えば、P&Gみたいな化粧品・トイレタリーのような会社のイメージです。

一から自社ブランドの商品開発に関われるので、自分の考えたブランドが世に出ることは間違いなしです。

ただし、一番花形ではあるため、競争率が高く、受かるのには至難の業です。

メリット

  • 自社ブランドをじっくりと開発できる
  • ヒットする商品を作った時の達成感が半端ない

デメリット

  • 自社ブランドのイメージを損なうようなチャレンジはできない
  • 決められたブランドがあるため自分発信のブランドを持つのは難しい

OEMとしての商品企画

OEMの受託という商品開発もあります。

OEMとは、Original Equipment Manufacturerの略で、つまり、他社の製品を作ることに特化した会社形態です。

OEM会社であれば、自社とは関係ないA社のブランドの商品を開発します。

受託というぐらいなので、依頼があってはじめて成立するビジネスです。

この場合、自分のブランドが自由に作れるという側面はほぼありませんが、有名ブランドの製品に数多く携われます。

メリット

  • 他社ブランドであれ数多くのブランドに触れることができる
  • 有名ブランドの人たちと多く知り合いができる

デメリット

  • 自社ブランドではないのでブランドを育てる意識を持てない
  • 自分でブランドをコントロールできない

企画会社での商品企画

そしてもう一つ。

化粧品業界では当たり前ではありますが、企画会社というものも存在します。

これは、化粧品ブランドを持ちたい会社と、OEMの間を取り持つ仕事です。

簡単に言うと、異業種の会社などが参入したとしても化粧品の知識がない場合、 どんな化粧品を作りたいのか、どんなイメージをしているのかをヒアリングし、 そこの会社にあった化粧品を設計する会社です。

OEMでは提案できないような奇抜なアイデアや、ブランドの根幹を決めたりします。

広告代理店、エージェントのような役割をする会社です。

もちろん、企画会社として自社ブランドを持っても問題はありません。

企画会社は、もともと化粧品会社に勤めていた人が独立して行うことが多く、 小規模で立ち上げられるため、近年増加しています。

メリット

  • 多種多様な化粧品を開発できるためスキルアップができる
  • 異業種の方と多く交流が持てる

デメリット

  • メーカー(依頼主)とOEMとの中間に位置するため折衝が大変
  • 自分でブランドをコントロールできない

化粧品の商品開発への転職はOEM・企画会社がねらい目な理由

先ほどお伝えした3つが化粧品会社における主な会社形態になります。

ほとんどの人は、自社ブランドを持つメーカーをイメージされていると思いますが、 実はメーカーよりも、OEM・企画会社の方が求人が多いのです。

そして、このOEMや企画会社の方が圧倒的に化粧品業界に入りやすいのです。

それは、次の理由によるものです。

OEM・企画会社は求人倍率が低い

というのも、自社ブランドを持つ会社は、それなりに知名度もあり、 求人に対する応募も増えてしまいがちです。

それに引き替え、OEM会社などは会社としての知名度が低いため、 倍率も下がり入りやすくなるのです。

OEM・企画会社は人が抜けやすい

これは、悪い意味での人が抜けるということではありません。

実は、化粧品会社は人材がぐるぐると回っているのです。

OEMや企画会社で一通り経験すると、メーカーとのコネができてきます。

そして、優秀な人材であれば引き抜きが普通に行われます。

メーカーにとって、OEMでの経験や知識はのどから手がでるほどほしいもの。

なぜなら、メーカーもすべて自社で作っているわけではなく、工場を持つメーカーであろうとも、 半分ぐらいはOEMに発注しています。

そんな時、OEM側の知識というのはメーカーにとっても非常に魅力的なものです。

原料なんかの最新知識は、実はOEMの方が豊富なのです。

OEM・企画会社は未経験OKが多い

OEM・企画会社がねらい目な理由は十分にご理解いただけたと思います。

そして、実は未経験がOKな案件が多いのも、このOEM・企画会社なのです。

反面、メーカー系の求人を見てみると、ほとんどが「商品開発経験2年以上」みたいに書かれています。

未経験な人はまず応募できません。

この問題を克服するために、まずはOEM・企画会社で経験を積むというのが今回の趣旨です。

何より、OEM・企画会社での経験は、メーカーとしても欲しいスキルとなりますので、 即戦力として採用してもらえるのです。

あなたがもし化粧品業界に行きたいのであれば、これはねらい目ですよね?

OEM・企画会社の求人は非公開が多い

このOEMや企画会社というのは、公開求人よりも非公開で募集している所が多いのです。

その理由としては、次の通りです。

  • OEMという性格上、どこの製品を作っているか言うことができない
  • 公開求人を出しても目的の人が集まりにくい
  • 中小企業が多いためそこまで広く求人を出していない

このような理由から、OEM・企画会社は一般公開での求人はあまり行いません。

そして、大手の様にたくさん求人を出すこともできないため、 限られたエージェントにしか出していないというのが現状です。

つまり、化粧品業界のお宝求人はエージェントを通さないと見つからないのです。

それでは、どんなエージェントがあるのかを見ていきたいと思います。

おすすめエージェント

マイナビエージェント

転職サイト大手マイナビは外せません。

そして、その中でもエージェント型の求人をおすすめします。

同じ化粧品開発の求人で、一般公開求人である「マイナビ転職」と、非公開求人が多くある「マイナビ転職エージェントサーチ」を比べてみると、 次のような結果になります。

  • マイナビ転職:28件
  • マイナビ転職エージェントサーチ:144件


マイナビAGENTへはこちらから登録

DODA

エージェントタイプの転職支援と言えばDODAを知らない人はいないでしょう。

実際に、商品企画系の取扱も抜群にあります。

数年前に商品企画系カテゴリに登録しっぱなしで放置しているのですが、それでも毎日何かしらの企画系の案件が来ます。

たまにお宝求人みたいな案件がやってきますし、無料ですので、登録しておくことをおすすめします。

  • 公開求人:144件
  • 非公開求人(エージェントサービス):不明


DODAへはこちらから登録

リクルートエージェント

リクルートエージェントもおすすめ。

ほとんどが非公開求人となりますので、詳細な数字はわかりませんが、5倍程度の非公開求人がある模様。 仮に5倍だとしすると、以下のようになります。

  • 公開求人:25件
  • 非公開求人(エージェントサービス):120件程度

ここだけの話、過去に登録したことがありますが、いまでも化粧品のマーケティング系の案内は来ます。


リクルートエージェントへはこちらから登録

転職は一人でしないでプロに聞くことがはじめの第一歩

WEBだけで見ている求人ではわからないことを、エージェントは教えてくれます。

今回は、OEM・企画会社へトライし、その後メーカー系に転職する方法をお伝えしました。

もし、OEM・企画会社へ入れたなら、最低でも2年は続けてください。

2年間は続けないと、次のステップへ進むのは難しいと断言しましょう。

この2年を、より良いものにするためにも、まずはエージェントとしっかり相談し、 自分にあった会社を見つけて下さい。

その他、企画系の仕事についても掲載しておりますので、一度読んでいただけると幸いです。

企画力を身に付けるためのお手軽3種のトレーニング法|マーケティング能力の向上
企画力がマーケティングに必要なスキルだとかは理解できるけど、そもそも鍛え方が分からない方は多くいると思います。 今回はマーケティング力の中でも特に企画力にフォーカスした鍛え方をご紹介しつつ企画力とは何かをもう少し掘り下げてみたいと思います。
企画の仕事がしたい!企画の仕事の内容と必要なスキルとは|企画職になりたい人への疑問を解説します
当サイトの根幹であるマーケティング。 このマーケティングとは日本語で言うと「企画」に当たります。 企画というのは「物事を企てることです」。 企画職になりたい人はたくさんいます。 そんな企画職に必要な能力をまとめました。企画の仕事はどんな仕事

以上、メーカー系商品企画になるための裏ワザ(?)でした!