アドフラウド (Ad Fraud) とは

アドフラウド(Ad Fraud)とは、広告詐欺のことである。広告とは人の目に付くことで初めて効果がある。そして、この広告を見たか見ていないかの判断は、特定のパソコンに記録されるクッキー情報を元にしている。

クッキー情報だけを使い、広告表示の有無を判断している状態では、その広告はこちらの希望した人にリーチしているのか、そもそも「人にリーチしているのか」わからない。

世の中には、所謂ボットと呼ばれる自動WEB巡回ツールが存在する。そのボットがどこかのWEBページをクロールすると、それで広告を表示したことになる。まったく人が見ていないのにだ。

広告とは購入してもらう広告はもちろんのこと、見せることでコミュニケーションを図っていくという意味もある。何度も広告を見ている内に、その商品が身近に感じたりすることはないだろうか。

その広告自体、もしかしてロボットが見ていたらどうだろう。まったく広告の意味がなされていないのはお判りだろう。予算の垂れ流し状態である。

このアドフラウド自体、日本にそこまでなじみのある言葉ではないが、WEBマーケティング先進国のアメリカでは、数年前からこの問題が問いただされていた。というのも、アメリカでは”正しくブランドを見せる”ことに広告の意味を見出しているため、インプレッション型課金の広告が多いからである。

インプレッション課金とは、広告が表示されるだけで課金されてしまうシステムである。このインプレッション型が主流のアメリカで早期に問題になったのは、人が見ているか、ロボットが見ているか判断できないと、それこそ正確な広告の評価が分からないためである。

日本では、クリック課金(CPC)が主流なため、あまり問題にはなっていなかったが、インプレッション型の広告も配信されていくようになり、ここ近年話題にあがるようになった。

GoogleのAdSenceなどでは、早いうちからこの問題に対する着手し、広告が画面上に表示された場合にのみ課金するようになったそうだが、他の会社はどうかわからない。

自社の広告はアドフラウドの問題にさらされていないか、今一度確認するとよいだろう。



約970文字

アドフラウド (Ad Fraud) が含まれている記事

    関連記事はありません

SNS

RECOMMAND

NEW

POPULAR

RANKING

COPYRIGHTS

著作権について

当サイト「damema.net」に掲載されている情報についての著作権は放棄しておりません。当サイト記事からの引用に関しましては「引用元の明示」によって無償で引用頂けます。

(C)2017 damema.net All rights reserved.