WordPressが羨ましい。初心者ならWPをお勧めする完全自作サイト運営者の後悔

WEB運用

先日、WordPressにしなかった理由をまとめましたので、今回はWordPressにしとけばよかったと思ったことを綴ります。 当サイトはフルスクラッチで作成しておりますが、やはり完全自作は辛いところが多々あります。 様々な場面でWordPressのが良かったかなーと悔しい思いをしておりますのでまとめてみました。 WPなんて別に羨ましくなんかないもん…。

スポンサーリンク

ユーザー数が多い

WordPressの羨ましいところ、ユーザーが多いこと。

ユーザーが多いということは、それだけ聞く人が多いということ。

これは、初心者にとってかなりのアドバンテージです。 特にWordPressは、コミュニティが活発なため、何かしら質問をすると必ず答えが返ってきます。

CMSで抜群のユーザー数を誇っているだけあります。 反面、それだけ有名なので、セキュリティのことも心配になりますが、 逆を言うと、何かしらWEBサイトにトラブルがあったとしても、頼れる人も多いということです。

フルスクラッチな当サイトの質問なんて、誰にしてもきっと答えてくれません。

なので、初めて独自ドメインでWEBサイトを運営したいけど、何がいいかと聞かれると、 間違いなくWordPressというと思います。

書籍が多く出版されている

主にカスタマイズ系の書籍が多く出版されており、まったくの初心者でも、ある程度のことはできるようになります。

画面の見た目をまったく変えたいとかなると、少し難しいのかもしれませんが、 サイドバーに、何を表示して、何を非表示にするかレベルであれば、すぐに理解することができます。

先ほどのユーザーが多いというアドバンテージに加え、書籍も多数出版されていることから、 コミュニティでの質問はちょっと……というユーザーであっても、ほぼほぼ解決できるのではないでしょうか。

情報量が多いということは、それだけで羨ましいと思える環境なのです。

プラグインが豊富にある

WordPressのプラグインは魅力的です。 それこそ、何千とあるんじゃないでしょうか。

そこまでの機能は全く使いこなすことはできませんが、ただ、探せば何かあるかもという安心感はあります。

というか、プラグインが目的でWordPressを選ぶ人も多々いると思います。 このプラグインがかっこいいから、WordPressを選んだという友人もいます。

その他、精力的なプラグイン開発者たちは新しいもの好きが多いので、 最新の技術を楽しめるというのも、WordPressの魅力かもしれません。

デザインテンプレートが豊富にある

デザインテンプレートも魅力的ですよね。

ちょっとデザインを変えてみたいと思った時に、様々なテイストを楽しめます。

この、新しいデザインを楽しむというのは、WEBサイト作りのモチベーションにもなります。

ずっと同じテーマで使い続けていると、飽きるもんなのですが、 フルスクラッチでそれをやっていると、直すのもおっくうになります。 一つのデザインを直すだけで、それこそ何時間もかかるのですから、中々変えようと思えません。

WordPressでは、デザインを変えても後ですぐにもどせるのが魅力的です。 試せるというのは非常にアドバンテージが高いことだと思います。

有料無料含め、すばらしいテーマがたくさんありますので、気になったら手当たり次第試してみましょう。

レスポンシブに簡単に対応できる

今の時代はスマートフォンです。 モバイルファーストと呼ばれる時代、レスポンシブをはじめとしたモバイル対応は必須条件です。 全体の6~7割がスマホからのアクセスです。

サイトを作っていると、どうしてもパソコンのデザインを優先しがちになってしまいますが、 実際は、モバイルを優先させて見やすさなどデザインを考える必要があります。

この、レスポンシブ対応って、実際どうやっているかご存じでしょうか。 実は、CSSを2種類用意して、パソコンの場合はこれ、スマホの場合はこれといって切り替えているだけです。

逆を言うと、デザインを2種類用意しなければいけないのが、レスポンシブです。

サイト制作者は常に、スマホとパソコンでのデザインが破綻しないかを考えています。

どちらで見ても違和感が無いようなデザインにするのは結構骨が折れますが、 すでにレスポンシブテーマがあり、簡単に適用できるWordPressは羨ましい。

なんだかんだ言ってほぼ無料で使える

先ほどの有料テーマを除き、そのほとんどが無料で配布されています。

もしかしたら、一部ライセンスなどで使っていると表示しなくてはいけないプラグインがなどがあるかもしれませんが、 9割ぐらいは無料で使える環境なのではないでしょうか。

この無料で始められるというのは、初心者にとってかなりのメリットです。

もちろん、フルスクラッチも無料で開発できますが、時間もコストだと考えると、それだけで羨ましいです。

しかも、広告などの表示も一切ありません。完全にオープンソースです。

レンタルサーバーに標準装備が多い

月額数百円~数千円のところまで、かなりの数のレンタルサーバーが標準的にWordPressを装備しています。 コントロールパネルなどで、WordPressのインストールを押すだけで、WEBサイトが持てる環境ってすばらしくないでしょうか。

しかも、レンタルサーバー標準ということは、動作保証をしてくれるということ。

もし、何かトラブルがあった場合でも、ある程度無料で解決ができます。 激安レンタルサーバーとの親和性の高さは、こちらとしても羨ましい限りです。

コンテンツの管理が簡単

すごいメリットですよね。WEBサイトは何が大事か。言うまでもなくコンテンツです。

WEBサイトでいうコンテンツとは何かというと、単純にページのことです。

WordPressは、このページの追加、編集、削除などが非常にやりやすい。 元々がCMSですから、出来て当たり前なのですが、初心者は特に意識することなくWEBページを作ることができます。

HTMLのタグを一切しらなくても、コンテンツを追加できる環境ってうらやましいですよね。

ちなみに、僕は今でもゴリゴリ書いています。。。

WordPressはSEOに強い

なんといってもこれ。WordPressは標準でかなりSEOに強い構造をしています。 というのも、内部リンク、おすすめ表示。記事の後の関連記事など、様々な場面でPVを稼いでくれる構造をしています。

その他、タグを正しく吐き出してくれますので、Googleのクローラーにとって、理解しやすいとかもあります。 先日、WordPressの吐き出したHTMLを見ていて、お恥ずかしながら使い方が間違っていたタグもありました。

このような、誰でも簡単に正しいHTMLを生成してくれますので、あんまりSEOを気にせずとも勝手にSEO対策しているのがWordPressです。

また、標準でコメント欄や、RSSを吐き出してくれたり、フルスクラッチだとかなり時間のかかる処理を自動ですべてやってくれます。 それに、足りない機能はプラグインで足していけますので、ほぼ自分だけのカスタマイズが可能となります。

結局WordPressって良いの?(まとめ)

はい、良いです。

私は、完全にフルスクラッチという茨の道を突き進んでおりますが、何度WordPressに移行しようと思ったことか…。

もし、新しくサイトを始めるという方がいた場合には、断然WordPressをお勧めします。

WEB技術のことも学びたいのであれば、フルスクラッチをしろと言いますが、 まずはコンテンツありきで、楽しくWEBサイトを運営したいのであれば、WordPressを使ってください。

スクリプト組んでいる時間を、記事作成にあてた方が良いと思います。

どんなにすばらしいプログラムでも、人に見てもらわなければ意味がありません。 人に見てもらえるようにする=コンテンツの充実ということですから、PG組むぐらいならコンテンツを増やせというのが今の心境。

私?もちろん、この茨の道を突き進むまで!

当サイトのテイストが急に変わったなと思ったら、WordPressに移行している合図かもしれません。

ちなみに、私がWordPressを諦め、フルスクラッチをした記事も紹介しています。合わせてお読みになれれると、よりWordPressが理解できると思います。

WordPressは怖い!脆弱性でサイト改ざんは当たり前|私が完全オリジナルでサイトを作った理由
あなたはWordpresを利用していますか? 私はしていません。当サイトはパッと見ブログサイトぽく見えて、実は完全オリジナルのスクリプトで組んでおります。 頻繁にアップデートをしていても脆弱性ばかり。 WordPressの脆弱性にビビった管

以上、楽しいWordPressライフをお過ごしくださいませ!