新幹線でグリーン車に!東京-新大阪間の+5000円は得なのか検証してみた

トレンド

グリーン車に乗る事って、あんまりないですよね。というかいつも乗っている人は来ないでください。世界がきっと違います。 というのは置いておいて、このグリーン車って、東京-新大阪間において、実に4780円も違うんです。(指定席) 約5000の違いはどこにあるのか、まじめに検証してみることにしました。

新幹線|東京―新大阪間での正規な値段

まずは新幹線の正規な値段から。東京―新大阪間での料金は、運賃「8750円」と指定席券「5700円」の合わせて「14450円」となります。 EX-ICだと「13370円」ですから、もう少しお得になりますね。

そして、話題のグリーン車ですが、これはのぞみ正規料金としては「19230円」となります。 その差、実に「4780円」です。これを自腹となるとかなり痛い出費ですが、ホテルに泊まるよりは安いので自腹で帰りました。

ちなみに、すべてJR東海/東京―新大阪間/のぞみ/指定席での話ですので、他の新幹線はわかりません。ご了承ください。

新幹線の座席数と金額を検証してみる

いきなり座席の話になりましたが、料金の話をするためには外してはいけない話題だと思います。 というのも、新幹線の座席はグリーン車はもちろんのこと、その他の車両も、実は座席数が違います。各車両の座席数はこちら。

車両 シート 座席 料金 合計 備考
1号車 13 5 65 13,620 885,300 自由席
2号車 20 5 100 13,620 1,362,000 自由席
3号車 17 5 85 13,620 1,157,700 自由席
4号車 20 5 100 14,450 1,445,000 指定席
5号車 18 5 90 14,450 1,300,500 指定席
6号車 20 5 100 14,450 1,445,000 指定席
7号車 15 5 75 14,450 1,083,750 指定席
8号車 17 4 68 19,230 1,307,640 グリーン車
9号車 16 4 64 19,230 1,230,720 グリーン車
10号車 17 4 68 19,230 1,307,640 グリーン車
11号車 13 5 65 14,450 939,250 指定席
12号車 20 5 100 14,450 1,445,000 指定席
13号車 18 5 90 14,450 1,300,500 指定席
14号車 20 5 100 14,450 1,445,000 指定席
15号車 16 5 80 14,450 1,156,000 指定席
16号車 15 5 75 14,450 1,083,750 指定席
合計 275 4.8 1,325 15,191 19,894,750

如何でしょうか。というか新幹線ってフルで一回走ると、約2000万円もの売上になるんですね!2時間30で2000万円。 さすが、すごいとしか言いようがありません。

それぞれ座席数が違うのは、トイレがあったり、喫煙ルームがあったりと設備が違うからです。 何も設備がないのが、2、4、6、12号車で、最大100名乗ることができます。

この表からわかることとして、まず平均を取ると15200円程度。 つまり、普通指定席のお客さんは、グリーン車のお客さんのおかげで、約750円程度安く乗れてるわけです。 うれしい限りですね!ありがとうグリーン車!

反対に、グリーン車の人たちは、5000円も多く払っているのは、普通車の人たちをお得にするためだなんて、なんか納得できません。 座席数だけの検証だと、まだプレミアムな感じは出せていません。なので、別の検証をしてみましょう。

面積から検証してみる

それぞれの専有面積はどうなのでしょうか。 ちょっと調べたところ、次の様なデータがでてきました。

車両 シートピッチ(mm) 肩幅(mm) 面積(㎡) 比率
普通車 1,040 440 0.46 1.00
1、16号車 1,023 440 0.45 0.98
グリーン車 1,160 480 0.56 1.22

これは比べてみると一目瞭然です。明らかにグリーン車の方が専有面積が大きいのがお分かりでしょう。 普通車を1とすると、1.22倍ほど専有面積が大きいことになります。

ちなみに、1号および16号車は、先端がとがっている形状の関係上、ピッチが少し短くなっております。 少しでもお得をしようと考えるのであれば、1号車は自由席なのでおいておくとして、指定席での16号車は避けた方がよさそうです。

これを単純に普通指定席の金額にかけてみると「14450×1.22=17629円」となります。 面積を考慮すると、とりあえず17629円という金額は納得できそうです。

これを元々のグリーン車の代金から引いてみると、差額は約「1600円」となります。 それでもまだ1600円高いわけです。その1600円分のプレミアムは何があるのでしょうか。

車内設備の違いから検証してみる

グリーン車のシートは、普通車のそれと比べて、明らかに特別仕様です。 まずリクライニングの角度が違います。すわり心地はあきらかに違います。

新幹線で寝ると、だいたい疲れます。頭がいたくなったり、首が痛くなったり。 でも、グリーン車の椅子で寝ると、疲れがとれます。

また、足置場がでてきたり、ひじ掛けが大きかったりなど、何かと豪華な仕様です。 特に違うなと感じたのは、床がカーペットでしきつめてあることです。

車両全体の証明もそうですが、中がとてもラグジュアリーな感じがするのです。 もちろん、ライトも落ち着いた発色をだしており、とても静かです。

あきらかにお金がかかっているなと思う車内ですので、これにあえて金額を付けるとするならば、喫茶店のコーヒーかホテルのコーヒーかの違いでしょうか。 喫茶店で480円のコーヒーを飲むのと、ホテルで1200円のコーヒーを飲むのとの違いです。 差額を付けるとすると、600円~800円程度だと感じます。

それでは、この600円を先ほどの差額、1600円から差し引きましょう。残り、1000円となります。 もちろん、グリーン車は設備だけではなく、サービスも違いますので、次はサービスを見ていきましょう。

サービス面から検証してみる

グリーン車のって一番驚いたことは、おしぼりがでることです。しかも手渡し。 普通のサラリーマンが出張にいくために、グリーン車なんて乗れっこないのは、みなさんご承知の通り。 このおしぼりだけでも特別感はでてきます。

でも、ここではむりくり金額に換算してみましょう。 まずは「おしぼりを手渡しする」という行為を考えてみましょう。

これは明らかに人件費がかかります。といっても、一人当たり20秒程度のものでしょうから、金額にして10円程度。 おしぼりの原価も数十円でしょうから、高く見積もっても35円程度だと計算できます。

次に、ブランケットなどが無料で借りられます。寒いときとかには重宝すると思います。

そういったサービス全般を2時間30付きっ切りで受けれるわけです。 かりに、コンシェルジュサービスとして人を一人配置したとしましょう。 時給は2500円ぐらいを想定して、その準備とかもろもろ含め、3時間で計算したとして7500円。

それを、約65人で共有するため、一人当たり115円、サービスに支払うわけです。 先ほどのおしぼりと合わせて150円を1000円から引いちゃいましょう。残り850円になりました。

あとは、この850円をどう考えるかになってきます。

2時間30の快適な旅として検証してみる

グリーン車にのって、それこそ特別な旅を演出できるのであれば、もしかしたら850円という付加価値は安いのかもしれません。 850円じゃ、2時間30を漫画喫茶で過ごすこともできませんよね。

それぞれの金額を実際のハードウエア、サービスなどのソフトウエアから見てみましたが、 意外と4780円高い金額設定は妥当なのかなと思えてきました。

これを書こうと思っていたときは、高すぎるで締めくくろうと思っていましたが、書いているうちに妥当感を感じてしましました。 850円で2時間30の快適な旅を演出できると考えると、そう高くはないと思いませんか?

もちろん、そうそう簡単に乗れるものではありませんし、乗るのも勇気が必要ですが、主張で本当に疲れていたり、 たまには贅沢をと考えると、これはこれでアリな選択だと思いました。

とりあえず、当面グリーン車は乗ることができませんので、次回乗るタイミングでこの記事を見返してみたいと思います。 それでは、快適な新幹線の旅をお楽しみください!

コメント